酵素はグリーンスムージーに絶対不可欠な要素!上手なとりかたとは? | スムージーダイエット.net~簡単でおすすめ!人気商品を徹底比較~
グリーンスムージーで酵素を効率良く摂取しよう

グリーンスムージーの酵素が私を変える。ビタミンとミネラルだけではダメ!

グリーンスムージーの話になると、ビタミンとミネラルの話であふれかえっていますが、効果をしっかり出すためにとても重要なポイントは酵素だということをご存知ですか?

ビタミンとミネラルだけを重点的にとっても、思ったような結果を出すことはできません。

酵素を味方につけると、なぜグリーンスムージーを体感できるようになるのでしょうか?

その秘密は生野菜

実はこの生野菜には酵素にまつわる重要な事実があるんです。

ではなぜ重量なのか、このページで詳しく見ていきましょう。




グリーンスムージーから酵素をしっかりとる!失敗しない方法

私達が生きていく上で大切な「三大栄養素」をまずは確認しましょう。

【三大栄養素】
  • タンパク質
  • 炭水化物
  • 脂肪

  • 【五大栄養素】
  • ビタミン
  • ミネラル

  • 【六大栄養素】
  • 食物繊維

  • 今では、三大栄養素を活かす五大栄養素としてビタミン、ミネラル

    また、それらの消化を助長する六大栄養素として食物繊維が新たに追加されています。



    ミネラルとビタミンは酵素を取り入れると吸収される

    酵素とは、「ミネラルの周りにタンパク質がまとわりついた物質」のことを指します。

    ものすごく熱に弱いので、加熱した食品には含まれません。

    その種類は、見つかっているものだけでも3000以上。

    この数は日々増えています。

    人間が息をしたり動いたり、または男女ホルモン生成などの生命活動においても、酵素はとても重要な役割を果たしています。

    そんな酵素。

    実は、ビタミンとミネラルと強い絆でつながっています。

    たくさんのビタミンやミネラルを摂っても、酵素をうまく取り入れないと体にうまく吸収されません。

    酵素が働きやすい環境があってこその、ビタミンとミネラルなんです。

    ビタミンとミネラルだけを摂取しても、ほとんど効果はありません。

    グリーンスムージーで思った結果を出すには、酵素を意識しないとスタート地点にも立てないのです。


    「酵素」はどこに含まれているのか?

    主に食品から摂る酵素は、生野菜や果物、生肉や生魚にふくまれています。

    発酵食品にも多く含まれています。

    そのため、グリーンスムージーからは効率よく酵素・ビタミン・ミネラルを摂れます。

    粉末タイプのグリーンスムージーも、人気の商品は酵素入りが多いのはコレが理由です。

    酵素を上手に摂るポイント

  • 粉末タイプは、酵素入りを買う
  • 自作のスムージーは、すでに生野菜に酵素が入っているので問題なし
  • しっかり噛んで、アミラーゼ(消化酵素)を含んだ唾液を分泌させて飲む
  • ※アミラーゼは、炭水化物やでんぷん質の消化を助けます。

    しっかり噛むことで消化不全を防ぎ、お腹の中でガスが溜まるなどの症状を防ぎます。


    酵素入りを買うならミネラル酵素グリーンスムージーが最適

    いま、通販で大人気! 粉末タイプのスムージーとして、いろんな通販サイトで人気なのがミネラル酵素グリーンスムージーです。

    TVや雑誌でも取り上げられていて、芸能人でも飲んでいる人がとても多い。

    売れまくっている理由 なんといっても、美味しいことじゃないでしょうか♪ 個人的にもすごく飲みやすいし、美味しいので続けやすいスムージーです!
    あとはなんといっても、酵素がしっかり入っているので効果を体感しやすいです。

    フルーツと野菜のミネラルとビタミンと酵素が200種類も入っているなんて、嬉しすぎます。

    酵素がしっかり入っていて美味しいので、自然と効果が出やすく売れているのも納得です。

    しかも、粉末タイプなのでいちいち手作りしなくていいのがGOOD!

    面倒な朝や寝る前は助かります。

    ビタミンやミネラルがバランスがいい粉末タイプは好転反応が出にくいので、これからグリーンスムージーを始めようとしている人にはもってこいです。



    グリーンスムージーを飲む量

    「グリーンスムージーって、どれぐらいの量を飲んだらいいの?」 今までうまくいかなかった人も、これから始める人も、まずは一体どのくらい飲めばいいのか迷うと思います。

    どれぐらいの量のグリーンスムージーを飲めば酵素とか栄養をしっかりとれて実感できるのか最初は悩む方が多いです。

    【一般的にグリーンスムージーを飲む量】 ★1日1リットル、多くて2~4リットル飲む方もいる
    肌ツヤやお通じはもちろん、体重管理に関しても効果が出やすい量は、1リットル以上飲めばいいとされています。

    300mlのカップで、3杯程度。

    1日で飲む理想は、ココを目指すことになります。

    このサイトを見ている方は「グリーンスムージーを飲んではみたものの、その効果をなかなか実感できない人」を想定していますので、 毎日1リットル以上を続けて飲むことが習慣になれば成功と言えます。

    この頃にはきっと、体調や体重などに関していろいろ良い結果が現れている頃です。

    ただし、単に量を飲めばいいということではありません。

    続けることのほうが大事ですので、まずはおいしいグリーンスムージーを飲むことが大切です。

    美味しいスムージーを、正しい飲み方で飲むと体重計や鏡の前で喜ぶ日も近いですよ!



    果物の皮って、一緒に入れた方がいいの?苦手な場合の対処法とは

    「果物の皮って、一緒に入れてもいいの?」 グリーンスムージーをつくる際に、気になる果物の皮。

    結論から言えば、リンゴや梨・キウイなどの薄い皮であればいっしょに入れてしまって問題ないです。

    むしろ、皮にビタミンやミネラルが多く含まれている果物もあります。

    オレンジなどの厚い皮は、しっかり剥いたほうがいいです。

    気になる方は取り除いてしまいましょう。

    ただし、いっしょにジューサーに入れる場合は、農薬を取り除くためにもしっかり水洗いしたものかオーガニックの果物にするのがベスト。

    一番大切なことは、「美味しく飲めること」。

    皮の食感や味が気になれば、取り除いて美味しく飲めばいいんです。


    果物の皮に含まれるフィトケミカルには抗酸化作用がある

    果物の皮(果肉との間)には、フィトケミカルと言われる植物由来の化学成分がたくさん含まれています。

    フィトケミカルは、果物が外敵から身を守るために生成する成分と言われていて、果物から出る強い香りや苦味などの元になっています。

    植物が生成した成分だけあって、人間にも抗酸化作用や抗癌作用・免疫力の強化などに良いと言われています。

    参考:注目の栄養素ファイトケミカルって?

    しかし、つい数年前まではあまりフィトケミカルについては、研究されてこなかった分野でした。

    通常の身体機能維持には必要とされていなかったためです。

    近年は、特保(特定保健用食品)などの商品で注目される成分も、フィトケミカルが用いられています。

    いよいよ食品機能性の分野では、第7の栄養素として注目され始めたのです。

    抗酸化作用を持つフィトケミカルは、グリーンスムージーから得られるのはとてもうれしいですね。

    そういう意味では、スムージーに慣れてきたら、皮ごとジューサーにかけて摂り入れたほうが、効果を実感しやすいと言えます。


    果物の皮が気になる場合の対処法

    「苦いのが苦手なんだけど、どうしたらいいの?」

    一番手っ取り早いのは、通販で売られている粉末型のグリーンスムージーを試してみることです。

    おいしいし、苦みも全くありません。

    おうちで作る場合、高速ブレンダーではなく通常のミキサーの時は皮や種が残ってしまい、苦味や粒感が残ることが多いですよね。

    皮が硬い食材を使うとき 最初はローのスピードでまわし、しばらくしたらスピードを上げてください。

    トロトロになるまで、30秒ほどでしょうか。

    滑らかになるまでまわしましょう! セロリの茎やざくろの種など硬い部分を残す場合は、1分ほど撹拌してください。
    皮や種で苦味が残る場合 硬い部分に苦味が残ることが多いので、取り除いてもよいでしょう。

    また、種などは泡立ちもよくなることが多く、泡じたいに苦味があることもあります。

    この場合は、1~2個の氷を入れてみてください。

    抑える事ができます。

    味そのものを消したい時は、クリーミーな仕上がりにすると良いですよ。

    水溶性の食物繊維やペクチンが豊富な果物を使うとよいでしょう。


    苦味を抑えてクリーミーな仕上がりにする果物例

  • マンゴー
  • いちご
  • 洋梨
  • バナナ
  • ブルーベリー

  • 手作りの場合は、種や皮など気にすることも多く面倒ですよね。

    その点粉末タイプのグリーンスムージーは、果物そのままのが含まれているのでバランスよく栄養素を摂ることができるので心配無用です。



    グリーンスムージーと青汁の違いって何?

    「青汁と何が違うの」

    青汁も、健康維持や美容のために飲んでいる方も多くなってきていますよね。

    グリーンスムージーと青汁の違いって、見た目にはあまり変わらないので、飲んだ時の効果の違いも気になるところです。

    大きな違いは自作できる手軽さ&抗酸化成分

    最近では、青汁も通販で売っているものには酵素入りビタミン・ミネラル配合など多くなってきましたね。

    粉末のグリーンスムージーと粉末の青汁を比べると、それほど成分も変わらなくなってきているようにも感じます。

    ただ、グリーンスムージーは近所のスーパーで手軽に買える食材で自作できるので、とても気軽にチャレンジすることができます。

    青汁の場合は、明日葉や大麦若葉・ケールなど、主体となっているグリーンが近所では入りにくいので、なかなか自作のハードルが高いです。


    青汁との決定的な違いはフルーツが入っていること

    グリーンスムージーと青汁の決定的な違いはフルーツを使っていることにつきるでしょう。

    フルーツの成分には、アンチエイジングには欠かせない抗酸化作用が期待できるものがたくさんあります。

    一部の青汁では抗酸化作用のある商品もありますが、グリーンスムージーに比べればまだまだです。

    なんといっても、フルーツを使ったスムージーは青汁と違い飲みやすさでは抜群です。

    美味しいものを楽しく続けるという点においては、グリーンスムージーに軍配が上がります。


    よく読まれている記事

    1. グリーンスムージー、レッドスムージー人気おすすめランキング決定版
    2. レッドスムージーの比較、ダイエットに効果的なスムージーランキング
    3. くみっきーのマイブレイクレッドスムージーを試した効果と口コミ体験談
    4. 1週間でスムージーダイエットできる?

    ダイエット体験者の口コミ

    インタビュー

    人気のダイエットスムージー

    スムージーダイエット基本

    作り方(レシピ)と飲み方

    スムージー選びお役立ちコンテンツ

    知って得するスムージー情報

    その他のスムージー(レッド)

    レッドスムージー豆知識

    その他のスムージー(グリーン)

    グリーンスムージー豆知識

    併せて読みたいダイエット情報

    マイブレイクレッドスムージーのダイエット効果と口コミ体験談
    くみっきーの独占インタビュー
    ページ上部へ戻る